2008年01月06日

アフィリエイトとは(1)

皆さんは、ちまたで聞く「アフィリエイト」とは、どのようなものかご存知でしょうか。
 アフィリエイトとは、成功報酬型広告とも呼ばれ、特にインターネットのwww上における広告形態をさします。
 つまり、広告媒体のウェブサイトに設置された広告により閲覧者が広告主の商品またはサービス等を購入し、生じた利益に応じて広告媒体に成功報酬を与える一連の形態をさす用語です。

  1 概要

  第一に、広告提供者(クライアント)がアフィリエイトプログラムを提供する広告企業であるアフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)に依頼して広告を出す場合がある。
  第二に、オンライン販売や電子商店街などインターネット上で商品やサービスを提供する企業、それら電子商店のシステムを提供している企業自体が設置している広告形態か゛ある。

広告掲載場所を特定する識別子がリンク中に埋め込まれていて、リンククリック時に識別子がASPに送信され記録され、実際に売上げが出た際には広告掲載側に成功報酬が支払われる。
  広告リンク設置により成功報酬を望む側は、ASP側と契約する形でバナー広告等を設置して、それぞれのリンクへと誘導する。

  パソコン向けのほかに携帯電話向けのサービスもでてきており、物品やサービスの販売以外でも、メールマガジンの登録や、特定サイトの無料会員募集などと広告閲覧者と広告主側に金銭のやり取りが無い場合もある。 







  
  
 
posted by 倉橋英夫 at 12:49| Comment(1) | TrackBack(0) | アフィリエイトとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

アフィリエイトとは(2)

2 アフィリエイトの歴史

   Amazon.comの創業者の孫がサイトを立ち上げていて、「ここに商品を置いて売れたら手数料をもらいたい」と創業者に持ちかけたのが始まりとされている。但し、Amazon.comではアフィリエイトではなくアソシエイト・プログラムと呼んでいる。


  3 アフィリエイト稼業の実態

   推測によると、アフィリエイターの七割の月収は1000円以下で、毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイターは全体の2%以下とも言われている。
   しかし、アフィリエイトは儲からないというのは早計である。統計的に見ると極めて限られた法人、個人のみと言えようが、アフィリエイトのみで生計を立てている者も存在している。
   
posted by 倉橋英夫 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイトとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

アフィリエイトとは(3)

4 アフィリエイト稼業の動向

   インターネットが普及しアフィリエイトサービスが始まった初期には、バナー広告を設置すれば高い確率でクリックされ、比較的簡単に報酬を得ることが可能であった。
   これは、当初ものめずらしさでついクリックしてしまう人がいたのと同時に、閲覧者も大抵はある程度交流のある人の場合も多く、
バナーがあるとクリックすることで、サイト設置者にサイトの存続を望んでいるという合図にもなったなどの事情がある。

   しかし現在は、インターネット利用者がネットの仕組みに慣れバナー広告が明らかに広告であると認識されているためや、インターネット全般で迷惑メールを含む広告の氾濫にユーザーがうんざりしていることもあり、バナー広告自体のクリック率が低い状態にある。

   そのため、クリック率を上げる方法として、主に文章などの中にアフィリエイト広告のテキストリンクを含める、などの方法が広まっている。

  
posted by 倉橋英夫 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイトとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

アフィリエイトとは(4)

5 アフィリエイトの利点

   広告主側からでは、数千を超えるような数多くのサイトが宣伝してくれる可能性があり、販売チャンスが増える場合もある。
   また、売れなければ費用も殆ど発生しないと言う、かなり広告主には有利な金額体系でもある。

   一部のASPを除き、自己でアフィリエイターへの報酬金額を決定できる仕様であり、この報酬金額自体も途中変更が可能である。
   
   上記利点が複数あるため、アフィリエイトを利用しようとする広告主はどんどん増加傾向にある。

アフィリエイター(広告掲載側サイト)からでは、仮にサイト閲覧者が広告に応募した場合、自己へ収入が入ってくる可能性がある。
  これにより、サイトを更新、修正、変更するモチベーションを保っている人が多数存在していると思われる。

  このような利点から、アフィリエイトで生計を立てている人もおり、中には個人で始めて、法人化して成功を収めているサイトもある。 


 
posted by 倉橋英夫 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイトとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

アフィリエイトとは(5)

6 個人法人がアフィリエイトを行う媒体

   個人法人がアフィリエイトを行う場合、主に、ブログ、ホームページ、メールマガジン等の媒体を通じ実施されている。


  7 アフィリエイト報酬の種類

   アフィリエイトによって得られる報酬は主にクリック報酬と成果報酬の2種類がある。

   クリック報酬は、バナー、テキストリンク等のアフィリエイトタグのクリックされた回数によって、報酬が決まる。

   成果報酬は、サイトより商品が売れた場合、あるサービスに関してアクセスした訪問者が申し込んだ場合に、報酬が支払われる。

     
posted by 倉橋英夫 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイトとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

アフィリエイトとは(6)

8 アフィリエイトの問題点

    アフィリエイトは、商品情報を伝達する優れたシステムである一方でいくつかの問題を抱えている。
    まず、宣伝と記事の境があいまいとなり、一方的な宣伝を消費者が宣伝と気がつかないまま読んでしまう恐れがある。明らかにこのようなあいまいさを悪用したサイトも多く見られる。

    また、複数のブログと契約し、広告主企業の商品をあたかも該当ブログ管理人が気に入って宣伝したかのように見せかけ、広告主から広告宣伝料を徴収する手法や仲介業者が氾濫しつつあり、情報媒体としての価値が低下しつつある。

    SEO(Search Engine Optimization:サーチエンジン最適化)を駆使し、アフィリエイト付き所有サイトの検索表示順番を意図的に引き上げる手法などが確立されていて、俗称検索エンジンスパムとも呼ばれている。

    ただ、上記の様なアフィリエイト広告を掲載する側の問題点以外に、広告主と呼ばれる広告出稿側の不正も存在する。

たとえば、商品、サービスが成約したにもかかわらず報酬としてカウントされないことや、報酬としてカウントされたにもかかわらず、その報酬が支払わないことなどである。



    
    
posted by 倉橋英夫 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイトとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。